Facebookへ

東京図書出版の自費出版が選ばれる理由

こだわりの品質と充実した販売企画
電子書籍も次第に普及しつつありますが、商業出版、自費出版にかかわらず、一字一字の書体や字体にもこだわり、誤植や事実の誤認のない、読みやすく見た目も美しい組版の伝統を守って電子書籍などでは実現できない書籍の品質をこれからも維持して出版文化に貢献していきたいと私たちは考えています。
販売については、自費出版においても、豊富な経験を生かして充実した販売企画を提示して著者のご期待にお応えしております。全国の有名書店の他に紀伊國屋書店・ジュンク堂書店・丸善などの大型書店や、それぞれの本の内容にふさわしい書店など、できるだけ多くの書店への効率的な配本を行っています。
ネット書店での販売についても、従来の取次経由の流通のほかにアマゾンとは直接取引して、正確な情報伝達とスムーズな配本を行っています。
また全国紙一面(朝日または毎日)に広告するなど、広告宣伝も効果的に実施します。
東京図書出版を選んでよかったと思ってもらえる本作りと本の販売に私たちは努めています。

応募タイプ

<自費出版>

共同出版
審査の結果、書店ルートで販売する出版物として採用させていただくことになった場合は、ISBNコード・書籍JANコードを取得して、トーハン・日販などの取次をとおして書店に配本、アマゾンにも登録して購入できるようにします。
一般の自費出版とちがって、フルカラーの表紙カバーや帯などもついて一般の自費出版より高級な仕上がりとなります。
共同出版では、著者に実費をご負担いただきますが、書店営業、全国紙一面に広告、マスコミ各社への献本、各種メディアへの登録など積極的な拡販を行います。
印税は初版からお支払いします。
売れ行きが好調で、今後の販売も見込めそうな場合は、費用負担なしで増刷して印税をお支払いします。
個人出版
個人出版タイプは販売を考えないタイプで、簡素な体裁で制作することにより、大変エコノミーな価格で出版することができます。ISBNコードの取得、国会図書館への納本もします。書店流通はできませんが、定価をおつけしてネット(アマゾン)で販売することはできます。

<企画出版>

審査の結果、一定部数以上の販売が見込めそうな場合、出版費用全額出版社負担で制作し企画出版として出版させていただきます。
ただし、希望されても相当の部数(5,000部以上)の販売が見込めない場合は、内容の優劣にかかわらず企画出版の対象にはなりませんのでご了承ください。

応募はこちらから

原稿のデータを添付して
お送りいただく場合
原稿を郵送や宅配で
お送りいただく場合

原稿をお送りください。

2週間以内にお返事します。出版の可否は審査結果をご覧になってからご検討ください。

応募方法

ジャンルは問いません(随筆、評論、ノンフィクション、小説、詩集、句集、歌集、写真集、画集、絵本、自分史、歴史、教育、学参、実用、理工学、医学など)。
原稿をお送りいただければ、お勧めする出版タイプ(共同出版・企画出版・個人出版)の審査結果を2週間以内にご連絡いたします。
契約が不成立な場合はお申し出いただければ原稿は返却いたします。
原稿は応募フォーム①または応募フォーム②をクリックしてお送りください。

当社の共同出版はあらゆる面で良心的に対応しておりますので安心してお任せいただけます。

販売促進について
新刊発行時には日販やトーハンなどの取次や書協、アマゾンに新刊データを登録、営業スタッフにより主要書店に対して新刊委託と一定期間の陳列を依頼、ご希望の書店への配本の交渉も致します。
全国の主要書店の他に、紀伊國屋書店、ジュンク堂・丸善などの大型書店にも配本されます。また紀伊國屋書店約69店舗ではレジ画面で広告します。
取次会社とは直取引しておりますので、配本も販売も当社が責任をもって行います。
従って、他社に依頼している場合より出版物の流通は円滑かつ確実です。
全国紙一面(朝日または毎日)、雑誌、インターネット等で広告し、書店のほか当社ホームページや
アマゾン等ネット書店でも購入できます。
新聞社、雑誌社等に献本し、書評等で紙面での本の紹介を依頼します。
TRC(図書館流通センター)等を通して全国の図書館・学校図書館等への納入を推進します。
国会図書館にも納本されます。

販売方法・印税・著作権について
発行から1年後に実売数を報告し、その後の販売については相談させていただきます。
販売後売れ残ったものについては、継続して販売するか、著者にお引き取りいただくか、
あるいは当社にお任せ頂くか相談させていただきます。
お引き取りは無料で、売れ残ったものを買っていただくようなことはございません。
お引き取りいただいたご本はご自身で販売することもできます。
初版の印税は、発行時に印税相当分として、ご負担額を差引き、
1年以内に一定額以上の売上があった場合は超えた額の50%をお支払いします。
増刷もふくめて著作権は著者に帰属します。

増刷について
売れゆきが好調で今後も販売が見込めると判断した場合は著者にも了承していただいた上で
増刷致します。この場合の制作費は全額当社が負担し、印税もお支払いします。

本の体裁について
本文用紙には高級な北越製紙のクリームキンマリまたは同等品(カラー物は除く)を使用し、
読みやすく高級感のあるご本になります。
本文フォントは読みやすくデザイン的にも定評のあるヒラギノ書体を使用しています。
表紙カバーは専属デザイナーのオリジナルデザインにより4色フルカラーで印刷し、PP加工します。

校正・納期について
初校ゲラは専属校正者が全体を校正してから出校し、著者には初校ゲラと再校ゲラにより
2回校正していただきます。状況によっては3回以上校正していただくこともあります。
納期は通常3カ月~6カ月ほどかかりますが、完成をお急ぎの場合はできる限りご希望に
そうよう対応させていただきます。
本の完成時にはご希望部数を無料でお引き取りいただくことができます。

電子書籍について
電子書籍をご希望の場合は、紙の書籍と並行して販売することもできますが、電子書籍のみの制作販売は扱っていません。

費用

出版費用の概算

価格は、本のサイズや、内容(写真、図表、数式など)によって変動します。
詳しくは資料をご請求いただくか、お見積りしますので原稿をお送り下さい。

〈共同出版〉(書店流通出版)

①編集・デザイン・校正・印刷・製本・流通費用を含む概算です。
②特に優秀な作品は、出版費用を減額します。
③一般市販本と同等の高級な仕上りになります。
④電子書籍をご希望の場合は対応します。

判 型装 丁頁 数部 数概 算装 丁頁 数部 数概 算
四六判 (ソフトカバー)
並製
10050085万円(ハードカバー)
上製
10050095万円
1000100万円1000 110万円
200500110万円200500 120万円
1000130万円1000140万円

〈個人出版〉

①編集・デザイン・校正・印刷・製本代を含む概算です。
②書店には流通できませんが、ネット(アマゾン)には流通できます。
③ISBNコード、定価の付与も可能です。国会図書館にも納本します。
④電子書籍にも対応できます。

判 型装 丁頁 数部 数概 算
四六判ペーパーバック1005045万円
10050万円
2005065万円
10070万円
応募方法

原稿送付

お原稿やお原稿のデータを「応募フォーム」に必要事項を記入してお送りください。折返し文書またはメールで審査結果をご連絡いたします。

契約・初校ゲラの制作・校正

ご契約いただいたら、ご契約内容に沿って初校ゲラを作成し、当社専属校正者が全体を校正してからお送りします。

初校ゲラの著者校正

当社校正が終って赤字の入った初校ゲラについて著者校正を行っていただき、校正終了後、ゲラをご返送いただきます。

再校ゲラ・表紙カバー・帯の制作

校正済みの初校ゲラに沿って、当社で修正作業を行います。表紙カバー・帯を、編集部で検討の後、デザイナーにより複数作成して、カラープリントしたものをお送りします。

再校ゲラの校正・表紙カバー・帯の確認

修正が反映されました再校ゲラを再度、著者ご自身で校正してご返送いただきます。表紙カバー案・帯案につきましてもご確認いただきます。

校了・印刷・製本・納本

再校ゲラの指示に従って、最終の修正作業(場合によってはもう一度校正していただくこともあります)を行い、印刷製本にかかります。完成しましたらご契約いただいたお引取り部数を発送いたします。

流通手配

書店やネットへの流通手配・書店営業・新聞広告・図書館流通センターへの販促・国会図書館納本・マスコミ等への献本など、企画書に沿って販売のための手続きを進めます。

出版基礎知識

応募方法

●上製本(ハードカバー)

表紙に厚紙の芯を入れ厚く固くして、丸背や角背にして花ぎれなどをつけます。高級感のある堅牢な本になります。

●並製本(ソフトカバー)

単一用紙で本文の紙を包みます。一般の書籍に多いタイプで、手軽に読める本になります。上製本と同様見返しが付きます。

●ペーパーバック

並製本と同様ソフトカバーですが、見返しは付きません。文庫や新書はこのタイプです。

●上製本各部名称

応募方法
判型 サイズ(mm) 主な出版物
A4判 210 × 297 専門書・参考書・写真集・画集・絵本
B5判 182 × 257
A5判 148 × 210 専門書・一般出版物
四六判 127 × 188 一般出版物
新書判 105 × 173 評論・エッセイ
文庫判 105 × 148 一般出版物

自費出版一口メモ

▼自費出版の権利は誰が持つ?

自費出版であっても、書店流通する形であれば商業出版と同様に著作権者と出版権者が発生します。
基本的には作品を創作した作者が著作権者となり、印税を受け取る権利が発生します。
出版権については、依頼した出版社に設定されるので、出版契約の存続期間中は出版した作品を他の出版社から出版することは出来ません。
出版契約の途中で出版権を有する出版社であっても著作権を持っている作者に対して、無断で増刷や内容の改ざん、定価の改定をすることは出来ません。
また、本が売れ残った場合は、出版社によって扱いが異なりますが、基本的には契約終了時に延長を希望するかしないかの確認を行います。
書店流通をせず私家版として自費出版した場合にも、著作権は作者になりますが、作品に関する出版権は設定されません。

▼自費出版で知っておきたい権利のこと

自費出版で制作した書籍に、他人の著作権を侵害する内容があった場合、相手に訴訟を起こされたり、発行停止の訴えを起こされる危険があります。
その為、自費出版をする上で著作物の権利に関する知識は、ある程度知っておかなければなりません。
基本的な知識としてですが、自費出版であっても他人の創作物を勝手に書籍に掲載してはいけません。例として、他人のブログや企業の公式サイトから、テキストや画像等を無断転載すれば、それは一部であったとしても、権利侵害となりますので注意が必要です。
しかし、内容を補足するための引用として認められるものであればその限りではありません。

▼自費出版流通の仕組み

本の流通には、著者とともに書籍や雑誌を作る出版社と出版社が作った本を書店に供給する取次店、そして取次店から仕入れた書籍を販売する書店が関わっています。
取次店は本専門の卸業者で、出版物を書店に卸すことを専門に行っています。日本には20社ほど存在しており、出版の流通を担っています。
出版社は書店への流通から売上代金の回収までを取次店に委託し、書店は出版物の定価売上の一定割合を取次店に支払うようになります。
しかし、今ではアマゾンなどのネット書店での販売の比重が大きくなり、取次店を通さないルートでの販売も多くなっています。