不運の画家-柳敬助の評伝 – 東京図書出版

自費出版・個人出版から書店流通出版まで 本の出版のことはおまかせください。

03-6772-7062

自費出版なら東京図書出版         
前のページに戻る

TOP> 歴史・紀行・伝記> 不運の画家-柳敬助の評伝 西洋画黎明期に生きた一人の画家の生涯

ISBN978-4-86641-732-5 C0095
不運の画家-柳敬助の評伝
西洋画黎明期に生きた一人の画家の生涯
渡邉茂男 著
四六判 256頁  1800円

敬助没後百年──芸術家は死んでも、またその作品が多く失われても、その画業は私たちの心に残っている。敬助が見た未知の世界に私たちも旅立ちませんか。
関東大震災で不幸にも多くの代表作を失った。
柳敬助は東京美術学校西洋画科に学び、アメリカ・フランス・イギリス留学を経て帰国、人物画に秀でていた。荻原守衛・高村光太郎・岸田劉生・青木繁などと同時代の画家である。

 


自費出版から書店流通までをサポート【東京図書出版】