自費出版なら東京図書出版         
随筆・評論
前のページに戻る

TOP>随筆・評論>少女の記

ISBN978-4-86641-309-9 C0095

少女の記
−戦争を挟んだ家庭文化の記憶−
寺山てるこ 著
四六判 154頁 本体価格1200円

都会の家庭文化と疎開先の田舎での瑞々しい暮らし。少女の記憶と老境の感慨を写す鮮やかな描写。それぞれの生い立ちがあって人はそのあとの人生に向かい合っていく。同時代を生き、その時代から離れて久しい人の中に、懐かしさと共感を。

立ち読み
 


自費出版から書店流通までをサポート【東京図書出版】