自費出版なら東京図書出版         
政治・経済・法律
前のページに戻る

TOP>政治・経済・法律>江戸の金本位制と水野家の幕閣たち

ISBN978-4-86641-347-1 C0033

江戸の金本位制と水野家の幕閣たち
水野 忠尚 著
四六判 160頁 本体価格1400円

金・銀二つの世界から金本位制へ統合・移行していったのは、小判一両と兌換できる補助通貨としての銀貨が作られ、田沼時代から三人の老中が、半世紀かけて日本の社会を徐々に世界最先端の通貨制度に作り替えていったからである。だが開国に際しては、それだけでは済まなくなった。

立ち読み
 


自費出版から書店流通までをサポート【東京図書出版】