自費出版なら東京図書出版         
文学・小説・絵本
前のページに戻る

ISBN978-4-86223-856-6


黄金と十字架─佐渡に渡った切支丹
玄間 太郎 著
四六判 290頁 定価1400円

布教のために京都から佐渡に渡った切支丹、弥之助。幕府により切支丹の弾圧が苛烈を極める中、鉱夫たちの命を守るべく黒鉱組の喜八らとともに役人に立ち向かう。幕藩に虐げられた金山鉱夫、隠れ切支丹、遊女、百姓達の嘆きと怒り、連帯と闘いの物語。
 


自費出版から書店流通までをサポート【東京図書出版】